【初心者向け】ビットコインとは?仕組みをわかりやすく簡単解説

最近話題のビットコイン。テレビでも仮想通貨の取引所のCMが始まったり、ニュースで毎日耳にしますよね。

仮想通貨に興味があるけどよくわからない、今さら聞けないビットコインについてわかりやすくまとめました。初心者だと難しい言葉がたくさん出てくるとわからなかったので自分の経験を踏まえてざっくり簡単な言葉でまとめてあります。

スポンサードリンク

ビットコインって何?

ビットコインは仮想通貨です。
お札やコインのようには手に持つことができない目に見えない仮想の通貨、お金です。
単位はBTC(ビットコイン)。

簡単に言うと仮想通貨が登場した理由は世の中を便利にするためです。

「ビットコインで1億円を手にした」とか「資産が30倍になった」などとギャンブルのようにとても大きなお金が動いているような印象もあるかもしれませんがもともとは世の中のお金の流れが便利になるようにというところを目指しています。

  • 楽天ポイントやスマホゲームのお金のイメージ
  • お金をビットコインに変えて、利用可能な場所やお店でビットコインで物やサービスを購入できる
  • 株やFXのようにビットコイン取引をしてお金を増やすことができる

ポイントやスマホゲームのお金と何が違うの?

楽天ポイントもスマホゲーム内で使えるお金で購入するゲーム内通貨も手には持つことができないお金ですが仮想通貨と呼ばれるものとは存在する目的が違います。

存在する目的
  • 仮想通貨→世界中で日常生活に「使える」ようにすること
  • ポイントなど→企業の利益を上げること

私はネットで買い物するなら楽天と決めているのですが、その理由の一つに「楽天ポイントが貯まる」ことがあります。

最近ではツルハやその他のお店でも楽天ポイントが貯まるようになったので、家の近くにドラッグストアもありますが楽天ポイントが貯まるツルハにいきます。

ゲーム内の通貨もそうですが、企業ごとに発行していてそこでしか使えないということでお客さんを囲い込んでいます。その結果企業の利益が上がるのでそのために存在しています。

電子マネーとも違う

電子マネーのようにお金を出さずに携帯電話などを使って利用可能な場所やお店で物やサービスを購入できる特徴は同じです。

ですがあくまでも電子マネーは日本だったら日本円、アメリカだったらドルをチャージするので一般的なその国のお金です。

一方仮想通貨はどこの国のものでもない通貨なので電子マネーとは全く違います。

ビットコインの仕組みを知りたい

ビットコインはどういう仕組みで存在し、取引されているのでしょうか?

  • ビットコインの管理は国や企業ではなく、不特定多数の世界中のパソコンで取引を記録
  • 暗号化された個人個人の情報を使って安心して取引できる
  • 取引の記録を手伝った人はビットコインがもらえる

各国の銀行などと違い、ビットコインは世界中の匿名の不特定多数のパソコンで取引が管理されています。国とか銀行が関与していなくて大丈夫なの?と思いましたが、世界中の不特定多数のパソコンで管理することにより問題が起こって取引ができないとか強盗が入るとか帳簿を書き換えるなどのような不正ができなくなります。

この取引を記録する手伝いをした人はビットコインが報酬としてもらえます!

ビットコインは誰がいつ作ったの?

こんなにもてはやされているビットコインですが、いきなり登場しましたよね。

誰が?どこの国の人が?いつ生み出したものなのでしょうか。勝手なイメージ的にはアメリカあたりを想像しましたが・・・

  • 2008年10月中本哲史氏(Satoshi Nakamoto)がアイディア発表
  • 2009年1月ビットコイン現実化に必要なソフトが公開されみんなで完成
  • 2010年2月にビットコインを両替可能な取引所ができる
  • 2010年5月ビットコインで初めて決済される(ピザ!)

え?日本人が開発したの?と思ったのですが実はこの中本さんがどこの誰だかわかっていないという・・・(笑)

名前は思いっきり日本人じゃん!
仮想通貨の英語論文はこちら

その中本さんがビットコインの完成に必要なソフトと方法を世界の人が見れるように公開して、たくさんの人が関わって開発されました。

ビットコインがこの世の中で初めて使われた話が面白い

初めてビットコインでものの購入に使用されたというのが2010年5月22日。
なんと10000BTCをピザ2枚と交換したというのです!

2018年1月現在1BTC=130万円付近を推移していることから13億円でピザ2枚を注文したってことになりますよね!!!

実際にはLaszlo Hanyeczというプログラマーが「誰か10000BTCとピザを交換しない?」とビットコインの掲示板のようなところに冗談半分で書き込んで、それを見て面白いと思った別のプログラマーがピザ屋に注文して届けさせたようです。

なのでピザ屋でビットコイン決済は行われていませんが、間接的にも物やサービスを購入するのに利用されたのはこれが初めてでした。

それ以降5月22日はBitcoin Pizza Day(ビットコインピザの日)として世界中のサイバーオタクたちがお祝いするらしい(笑)

当時10000BTC=約41ドルでしたが、ビットコインが値上げりするたびにそのピザ2枚の値段を表すものがビットコインピザインデックス(Bitcoin Pizza Index)と呼ばれていたりします。

まとめ

ざっくりビットコインの仕組みについて説明させていただきました。

ビットコインとは
  • 仮想通貨である
  • 世の中が便利になるように日常生活で使えることを目指している
  • 世界中の不特定多数のパソコンで管理・監視されていて安全
  • 2009年に登場

ビットコインが世界中で何にでも利用できるようになれば海外旅行など行く時もとっても便利ですよね!!毎回両替しなくて済みますし。

今後どれだけ価値が上がるのかも楽しみですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です