ビットトレードのわかりやすい画像付き口座開設!手数料やアプリ情報も紹介!

ビットトレードは金融庁で第7号に登録された国内の仮想通貨取引所で、少なからず登録がない取引所よりは信用・セキュリティが高いと言えます。

登録も簡単に完了しますが、セキュリティが任意になっているので必ず行ってください。

また、ビットトレードの特徴として取り扱いコインや手数料などについてもまとめています。

スポンサードリンク

ビットトレードの登録方法

他の取引所と基本的な登録は同じ感じです。

メールアドレスとパスワードの設定、そして任意ですが必ずセキュリティの設定もしましょう。

①メールアドレスとパスワードの設定

下記から公式ページにアクセスします。

→bittrade(ビットトレード)公式ページ

 

トップページが表示されるので、右上の「新規会員登録」をクリック

 

メールアドレスを入力して、「登録」をクリック

メールアドレスはキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)ではなく、Gメール(無料)などの方が迷惑メールに振り分けられる可能性が低いので、Gメールがおすすめです。

メールが送信されたという画面に変わります。

もし入力したアドレスにメールが届いてなければ「再送信」をクリック

それでも届かない場合は迷惑メールにないか確認と入力したアドレスに間違いがある可能性があります。

届いたメールと開くと下記の画像のような文面が表示されます。

赤枠の部分のURLをクリックします。

 

クリックするとパスワード設定画面が表示されます。

パスワード設定を入力して、再入力には同じパスワードを入力します。

MEMO

他の取引所も登録している場合は別のパスワードを設定することをおすすめします。

万が一、ハッキングを受けた場合は別の取引所も同じパスワードで入れると推測されるからです。

3つのチェックも入れて「登録」をクリック

 

次は基本情報として、名前や住所などを入力していきます。

入力が完了したら「次に進む」をクリック

取引の目的・職業を選択します。

下のチェックは「外国の重要な公的地位があるか否か」ですので該当する方にチェック。

入力した内容の確認画面になりますので、間違いがないか確認して「登録」をクリック

これで基本情報の登録は完了です。

次に本人確認書類のアップロードを行います。

②本人確認書類のアップロード

本人確認を行える書類は4つです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

このいずれかを選択します。

今回は運転免許証で登録を行いました。

スマホで写真を撮って、パソコンに送ってアップします。

画像の矢印(⇩)のところにカーソルを合わせてクリックすると、画像を選択できます。

アップしたら「アップロードする」をクリック

審査には1日から数日かかります。「登録に戻る」をクリック

すると、登録情報が表示されますので念のため確認しましょう。

本人確認書類のアップロードはこれで完了です。

本人確認書類が「審査中」から「完了」になれば全ての機能が使えるようになります。

最後にセキュリティの設定を行います。

 

③セキュリティの設定

こちらは任意の設定となっていますが、必ず設定してください。

ビットトレードでは2つのセキュリティを設定できますので両方とも行いましょう。

まずは「2段階認証」の設定を行います。

ホーム画面の左側のメニューから「セキュリティ」をクリック

真ん中の「2段階認証の設定」をクリックします。

2段階認証ではスマホのQRコードを使った認証になります。

他の取引所でも使われるのでインストールしましょう。

インストールが完了したらアプリを起動させ、QRコードを読み取ります。

IOS版だとこのように表示されますので「bittrade.co.jp」の下に表示される数字を先ほどの画像のところに入力します。

数字の色が赤になるほど切り換るので、次の数字が表示されるの待ってからでも大丈夫です。

コードを入力した「設定」をクリックします。

すると、ホーム画面では「設定済」というように表示されています。

これで2段階認証の設定は完了です。

次に「SMS認証」の設定も行いましょう。

 

SMS認証の設定をクリックします。

携帯電話番号を入力して「送信する」をクリック

すると携帯電話にメッセージが届きます。

この赤枠に表示された数字を下記の画像のところへ入力します。

これでSMS認証の設定も完了です。ホーム画面で確認してみましょう。

SMS認証のところも「設定済」に変わっていればOKです。

取引所の登録は比較的どこも似たような登録となっています。

もし今後、他の取引所も登録するとしてもスムーズに行うことができると思います。

 

ビットトレードの取り扱いコインや手数料

ビットトレードではどのようなコインを扱っているのでしょうか。

※2018年2月現在の情報を掲載しています。

取り扱いコイン
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • モナーコイン
  • ビットコインキャッシュ

これらのコインを取り扱っており、日本円で取引できるのこの中で

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • リップル
  • モナーコイン

となっており、その他のコインはビットコインと取引できます。

そして手数料はこのようになっています。

【売買手数料】

【出入金手数料】

 

ビットトレードのアプリについての情報ですが、現在のところ専用のアプリは見当たりませんでした。

もし今後、新しく配信されるようになりましたら追記したいと思います。

ただスマホには完全対応しているので、見やすい画面で出先でもチャックすることができます!

まとめ

以上、ビットトレードの登録・口座開設方法と取り扱いコイン・手数料について解説しました。

セキュリティは行えるものは全て設定するようにしましょう。

またほかの取引所とはパスワードを変えることも大切です。

安全に仮想通貨の取引を行うために大切なことです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です