ANA(全日空)のJV企業ACDはICOを実施するの?買い方や価格は?

ANA(全日空)の子会社となるACDが、2018年2月4日にブロックチェーンを利用した独自仮想通貨の構築を行い、2月15日からICOの実施をすることを正式に発表しました。

こちらの記事では、ACDの事業内容やICOの最新情報、トークンの買い方や価格についても解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

ANA(全日空)の子会社ACDが2月15日にICOを実施

ANA(全日空)の子会社となるACDが仮想通貨に参入するということで、まずはACDのICOに関する公式発表をご紹介します。

ACDのICO内容

株式会社ACDは2018年2月4日に独自仮想通貨の構築と2月15日からのICOの実施をプレスリリースいたしました。

ブロックチェーンを利用し、世界に向けたインバウンドEC展開の研究 ならびに当社が特許を保有する事前通関用商品登録システムの世界展開拡大や国際物流システム拡大などに、ICOにより調達した資金を活用いたします。

当社は、クリプトスクエア株式会社(東京都港区 代表取締役 阿部興一郎 以下「クリプトスクエア社」)との提携を行い、同社の仮想通貨発行ソリューションREVOLを使い独自の通貨トークン発行や販売を行います。

今後のスケジュールや内容、ホワイトペーパーなどに関してはクリプトスクエア社から提供する特設サイト内で随時情報の告知をしていきます。

また同時に当社ならびクリプトスクエア社ではブロックチェーンをビジネスに応用することを目的としたブロックチェーンビジネス協議会も発足させました。主なメンバーは以下の通りとなっております。

 

佐藤 貴夫(株式会社ACD代表取締役)
尾立 源幸(元財務大臣政務官・元参議院財政金融委員会委員長)
市川 眞一(クレディ・スイス証券チーフ・マーケット・ストラテジスト)
保成 久男(元大和證券株式会社常務取締役・現ジェイフロンティア株式会社 社外監査役)
園田 康博(元環境副大臣 ・ 内閣府副大臣)
村上 展章(友光・村上法律事務所 代表弁護士)
阿部 興一郎(クリプトスクエア株式会社代表取締役・元ゴールドマンサックス証券本社執行役員)

ACDの発表によると、トークン発行・販売にはクリプトスクエア株式会社のソリューションREVOLを使用するとのことです。

 

ACD公式サイト→http://a-cd.co.jp/

クリプトスクエア株式会社→http://crypto-square.co.jp/

ACDの事業内容は?

マルチリンガルカート

海外向け多言語対応のネットショップASPになります。

・多言語対応

・多通貨対応

・海外発送への配慮

・主要決済への対応

・独自ドメイン・独自デザイン

マルチリンガルカートについての詳細

http://www.multilingualcart.com/

 

事前通関用商品登録システム

EKKYOU.NETという中国税制度改革に対応した事前通関商品登録システムです。

このシステムを利用することによって、事前に輸送する荷物の通関を通しておくことができるので、日本と中国間の越境ECをスピーディーに行うことができます。

 

事前通関商品登録システムについての詳細

http://a-cd.co.jp/service/system.html

国際配達サービス

事前に中国の輸入通関を済ませた日本の製品を専用梱包し、短期間で日本から中国消費者の元へ届けることができる「新越境EC物流サービス」です。

このサービスを利用することで、EMS輸送などで偽物が届いた、そもそも商品が届かなかったなどの問題も解決することができます。

ACD会社概要

社 名 :株式会社ACD

本 店 :東京都港区虎ノ門二丁目10番1号虎ノ門ツインビルディング 東棟17階

代表取締役:佐藤貴夫

設立年月日:2016年3月1日

資本金 :90,000,000円

事業内容:マルチリンガルカート事業、事前通関用商品登録システム事業、国際宅配サービス事業

 

ACDのICOは2月15日実施!買い方や価格は?

ACDのICOプレセールは2018年2月15日に実施予定となっていますが、価格は一口100万円から購入することができるようです。

縁故セールということで1コイン21円になり、一般価格の3割引きぐらいになります。

また購入に関しては、円もしくはビットコイン・イーサリアムのいずれかで購入することができます。

 

先ほどもお伝えしましたが、今回のACDのICOのトークン発行・販売はクリプトスクエア株式会社が行うようですので、プレセールが開始されるとクリプトスクエア株式会社から購入できるようになると思います。

ACDのICOは実施されるのか?

ACDのICOプレセールは2月15日の実施を予定していますが、前日の19時時点になってもトークン発行元のクリプトスクエア株式会社の公式サイトを確認してみてもまだホワイトペーパーも公開されていません。

クリプトスクエア株式会社の公式サイトでは、ACDのコインの特設ページはあるのですがまだメンテナンス中となっています。

明日のACDのICOプレセールに向けていま急ピッチで準備をしているのだと思いますが、ほんとに明日予定通り実施されるのかも気になるところですね。

 

ACDは交換業登録をしていない?


ACDのICOについて、イケダハヤト氏もこのように発言されているのですが、仮にACDやクリプトスクエア株式会社が交換業登録をしていないとなると、今回のICOは延期ということになる可能性が高そうですね。

まとめ

ということで、2月15日からICOプレセール実施が予定されているACDについてご紹介してきました。

前日の時点でまだホワイトペーパーは出ていませんが、一応メンテンス中になっているので明日、実際にICOプレセールが行われるのか注目したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です