リップル社がサウジアラビアと提携!xCurrent導入とXRPについて

2018年2月14日にリップル社はサウジアラビアの通貨庁(SAMA)と提携して、送金インフラの向上を支援すると発表しました。

具体的にはリップル社の「xCurrent」を導入するそうです。

サウジアラビアの中央銀行がリップルを使うということは、日本で言うと日本銀行(日銀)がリップルを使うということになります!

また、リップル社のDilip Rao(ディリップ・ラオ)もコメントしていたので、情報をまとめました。

→リップル(XRP)買うならビットバンク

スポンサードリンク

xCurrentとは?

リップル社とサウジアラビアの通貨庁(SAMA)が提携して、「xCuurent」の導入を発表しましたが、まずは「xCuurent」について解説します。

RippleNetは国際送金システムとして3つのシステムを有しています。

  • xVia
  • xCurrent
  • xRapid

これらは法人向けの国際送金システムの大きな枠組みで、仮想通貨でXRPをただ送金している時には使用していません。

xViaは送金、xRapidは流動性の役割を担っています。

xCurrentの特徴

xCuurentは送金処理の役割を持っています。

銀行による即時国際送金の決済を可能にして、送金全ての進歩状況を可視化できる製品です。

また、xCurrentを利用により銀行間のリアルタイムなメッセージのやり取りが可能になり、事前の確認や着金確認も行うことができます。

送る際の情報量も膨大な数を処理してくれるためスムーズな送金が可能になります。

リップル社とSAMAが提携

話を提携に戻します。

サウジアラビアの通貨庁と提携して「xCurrent」を活用することで、国内外の銀行間で、より早く低コストな摩擦のない送金が可能になります。

国際送金の分野でもRippleNetに参加している金融機関と繋がりをもつことで、送金シェアも拡大されます。

サウジアラビアの通貨庁は支援の一環として国内の銀行から要望があればサポートも行うとしています。

サウジアラビア国内の銀行が瞬く間に成長する可能性が高いと言えますね。

 

リップル社Dilip Rao(ディリップ・ラオ)コメント

世界中の中央銀行はブロックチェーン技術に対して積極的な態度を示しています。

ブロックチェーンにより、企業と消費者にとって貿易と商業取引における摩擦が低減することになります。

サウジアラビア通貨庁はブロックチェーンソリューションを活用して国内の銀行に対して支援を行う世界で初めての中央銀行として取り組みを推進しています。

 

このようにブロックチェーン技術を中央銀行が初めて導入し、国内の銀行も支援するように動いていくという先進的な要素が感じられますね。

リップルの価値は上がるのか?

リップル社とサウジアラビアの通貨庁(SAMA)と提携したことで、リップルの仮想通貨としての価値は上がるのでしょうか?

サウジアラビア中央銀行はシステム導入のテストとして、ウエスタンユニオンとXRPを利用した支払い実験を開始したそうです。

つまり、XRP(リップル)が国際送金で使用されるようになった場合はリップルの価値はかなり上がるかもしれませんね。

ウエスタンユニオンもリップル社とパートナーシップ(提携)しており、提携数が世界的に増えていけば、大変なことになるかも…

リップルはどこで買うのがおすすめ?

こうなるとリップルが欲しくなってきます…

リップルを取り扱っているおすすめ取引所は

バイナンスが海外の取引所となりますが、日本語対応となっております。

※2018年1月に日本語がメンテナンスになり、使用できません。

使いやすさなども含めて考えた場合は「ビットバンク(bitbank.cc)」がおすすめ!

現在はキャンペーンを行っており手数料が無料です。(~2018年3月31日)

通常手数料は0.25%なのでキャンペーン中にお得にリップルを購入しましょう!

>>>ビットバンクの登録方法はこちら

まとめ

以上、リップル社とサウジアラビアの通貨庁(SAMA)との提携について紹介しました。

このままリップル社が快進撃を続けて、リップルの価値が爆上がりするということも期待しています。

リップル持ってないですけど笑

今後の動向にも要注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です