エターナルコイン(XEC)とは?被害者や暴落しない理由を仕組みから解説!

密かに人気を集めているマイナーコインのひとつでエターナルコイン(XEC)というコインがあります。

2月に暴落した?という話もありましたが、いくら下がれば暴落?何%下がれば…と基準があいまいな上、エターナルコイン自体も最高で139円です(2018年2月末時点)

エターナルコインは暴落しづらいとも言われており、それは仕組みに秘密があります。

なのでエターナルコインの特徴や仕組みについて解説していきます。

スポンサードリンク

エターナルコインとは?

まずはエターナルコインの基本概要から紹介します。

エターナルコイン発行元株式会社アトムソリューションズ
通貨名称XEC(エターナルコイン)
発行枚数200,000,000XEC
送受信速度0.5~1秒
取引手数料約5円相当のXEC

取引手数料が安いのが特徴で、この手数料が後ほど説明する仕組みに大きく関わってきます。

エターナルコインには主に3つの特徴があげられます。

  1. 500円から始められ、複雑な知識も必要なし。誰でも簡単に投資できる。
  2. 全取引で発生した手数料の50%を毎週エターナルコイン保有者全員に分配。
  3. 初心者でも簡単にできる保有しているだけの中長期投資や、売買差益での短期投資など。

この2番目の項目が暴落しづらい理由になってきます。

エターナルコインは保有しているだけで増える?

エターナルコイン最大の特徴が全取引で発生した手数料の50%を保有者全員に分配というもの。

つまり自分が取引していなくても、分配で少しずつですが増えるという仕組みになっています。

手数料分配(DoT機能)と呼ばれ、特許も申請中となっております。

現在のウォレット数は2018年2月時点で約38000とされています。

ウォレット開設の数が増えるとその分分配される割合が減りそうですが、コイン保有率に応じて分配数も変化していきます。

分配に関する基本情報はこのようになっています。

  • 手数料分配日時:毎週水曜日12:00

  • 手数料集計期間:毎週水曜日0:00~翌週火曜日23:59

  • 分配対象者  :エターナルコイン(XEC)保有者全員

分配数を増やすために買い増しする人も増えそうです。

でもそうすると取引が生じるので手数料の50%がまた分配されるということになりますね!

エターナルコインの仕組み

先ほどの説明である程度わかってきたと思いますが、エターナルコインは保有しているだけで少しずつでも資産が増えていくことになります。

つまり長期保有型の投資として考える人が多くなります。

長期保有者が多いということはエターナルコインを買うことはあるかもしれませんが、売るということが少ないということになりますね。

過去3年のチャートで2017年の年末ころから価格が上がっていますね。

2016年8~10月と2017年2月に目立った下落が見当たります。

憶測ですが、画期的な仕組みで購入したもののそこまで流行らなかったので見切りをつけて売ったということのような気がします。

時期的にも決算時期なのでその関係もありそうですね。

エターナルコインの暴落や被害者って?

インターネットでエターナルコインと検索すると「暴落」「被害者」という言葉が出てきますね。

結論から言うと被害者はいません。

投資に失敗して損失が出た人を被害者とするにはあまりにも無茶な話です…。

もちろん詐欺などの事件のような情報もまったく出ていませんでした。

逆に当初から投資をしている人は素晴らしい利益をもたらされているようです!

また暴落につきましてもどの程度で暴落になるのでしょうか。

エターナルコインの2月暴落は先ほどのチャートで一番下がった時のことだと思いますが、2ヶ月で約30円の下落でした。

その時だけ見れば大きな損失かもしれませんが、そこから最高130円前後まで回復しています。

長期的に保有していた人が得するケースですね!

まとめ

以上、エターナルコインの特徴や仕組みから暴落・被害者について解説しました。

個人的には面白い仕組みだと思うので投資しても良いかなと思っています。

あくまでも自己責任になりますが、気になる方は取引所だけでも登録してみてはいかがですか?

日本語で表記されているのでとってもわかりやすかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です