【仮想通貨】MANAの将来性が有望!?取引所・チャート・Decentralandを紹介!

最近の仮想通貨はビットコインやリップルなどのメジャーなコインから草コインと呼ばれる現時点では価値の低いコインに注目が集まっています。

仮想通貨の仕組みを理解していくと1コインが10円前後で買えて、将来1コイン=100万円になったら嬉しいですよね。

その可能性は極々稀ですが夢はあります。

そんな中MANAというコインが人気を集めていて何やら面白そうだったので調べてみました!

MANAの基本情報

  • コイン名  :Decentraland
  • コイン単位 :MANA
  • 寄付開始  :2017年8月
  • 発行枚数  :約28億枚
  • 公式ページ :https://decentraland.org/

コインの単位は表記をもじったものが多かったですが、これはまったく関係ないですね!

これはDecentralandという仮想世界で使えるコインの名前を表しています。

Decentralandが未だにリリースされていないので、具体的なことはわかりませんが、ゲームの中で使うコインという感じでしょうか?

この後にも説明しますが、Decentralandでは訪れたユーザーがMANAで支払って収益化ができるそうです。

Decentralandとは?

Decentralandは仮想世界となっています。

公式ページを翻訳してみました

Decentralandは、ユーザーが所有する最初の仮想プラットフォームです。

VRヘッドセットを使うか、Webブラウザを使用して3D世界に完全に浸るようになる

そして開発中と思われる動画も公開していました。

初見はPCゲームのマインクラフトを彷彿とさせました…

しかしもっと似ているもので”セカンドライフ”に似ています。

こちらもアバターを利用して仮想空間で遊んだりできるもので、それがブロックチェーン上で動作するのが”Decentraland”という認識が一番分かりやすいと思います。

Decentralandではビジネスができる

セカンドライフに似ていてもDecentralandではMANAを使ったビジネスができることが特徴です。

Ethereumブロックチェーンを通じて土地を購入し、不正の無い所有権の記録を作成することができます。

地主は購入した土地を管理して、様々なビジネスをすることができる。

他のユーザーがそこを利用することで収益にすることができる。

つまり買った土地で事業を展開させ、そこにお客さんがきてMANAで支払うというシステムというわけです。

まさにゲームの世界で仕事が成り立つことになりますね!

さらにブロックチェーン技術を使うことで土地の偽造などを防ぐことが可能となっています。

MANAのチャート・価格は?

MANAの使い方やDecentralandの仕組みがわかってきたとこでチャートを見ていきましょう。

これはMANA/BTCの2017年12月4日~2018年2月22日の推移を表しています。

2月22日では0.11$となっていたので11.8円ですね(1ドル=107.31円)

スタートより徐々に右肩上がりで2018年1月初旬に少し跳ね上がって、その後は10~12円を行き来している状態ですね。

では今後はどのような動きになるのでしょうか?

MANAの将来性は?

草コインの将来性ほど予想が難しいものもありません…

ですが根拠を見つけていけばある程度の将来性は見えてきます。

Decentralandのように多くの人が興味を持ちそうなことであれば人気が高まりそうだと思いますよね。

では将来性の根拠はどこでみればいいのか?

それはDecentralandの公式ページです。

公式ページから将来性を探す

これからいろいろな草コインを見ていくとそれぞれに特徴があって面白いです。

そして公式ページで見ておくべきものが…

  • Whitepaper(ホワイトペーパー・白書)
  • ロードマップ

ホワイトペーパーは「技術的なことやこういうシステムをやっていきます」というような報告書を意味します。

多くが英語で書かれているので読むのが大変ですが購入を検討している人は頑張って読みましょう。

もうひとつがロードマップで「これからこういうような展開・進出を行います」という予定表のようなものです。

これらからどのような動きをしてどうなっていくのかを予想します。

MANAの場合

ホワイトペーパーについてはDecentralandの内容だと思います。

ブロックチェーン技術を使った仮想世界での土地購入・ビジネスについてです。

これに関してはかなり面白そうな取り組みでβ版で行われた土地オークションでは約1億6千万MANAの入札がありました!日本円で約31億円です!!

まだ本番じゃないのに信じられないほどのお金が投入されていますね…

ただ気がかりなことが…

ロードマップが未定の状態…

右上の項目が先ほどのβ版の時のことです。

この先に、「アバター・チャット・マルチプレイの設定、土地カスタム」「物理法則のカスタマイズ・VRの完全サポートなど」が残っている状態です。

ユーザーを集めるためにはアバターや具体的な仕様の発表が不可欠です。

予定でもいいので年月日の記載とTwitterやブログでの進捗状況がほしいですね。

 

内容としてはかなり面白そうなので是非うまくいってほしいのですが、そうならない可能性も高いのが草コインです。

あなたも慎重に見極めましょう。

MANAが買える取引所は?

何度も言うようですが内容自体は是非やってみたいと思っています。

いずれ買う時がくるかもしれませんので、取引所も紹介しまし。

草コインの取り扱いが多いことでも有名で、2018年2月時点ではメンテナンス中ではありますが日本語対応もしていた海外取引所・バイナンスがおすすめです!

  • 取り扱いコインが多い
  • 日本語対応(2018年1月末からメンテ中)
  • 登録が簡単

登録が簡単というのは本人確認をしなくても2BTCまで取引が可能です。

本人確認をするとその制限がなくなりますが、草コインを2BTC以上買う冒険者は中々いないでしょう。

こちらでは英語版のままでの登録方法を解説しています。

海外取引所の中でも人気が高いので登録だけでもたくさんのコイン事情を把握できて便利ですよ!

まとめ

以上、MANAの将来性・チャート・取引所について紹介しました。

とても面白そうな事業なので今後の進展が楽しみです!

あなたもお気に入りの草コインを探してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です