エターナルコイン(XEC)は怪しい?正しいチャートやレートの見方

エターナルコインは手数料分配型(DoT機能)を用いたコインで過去に分割機能も行ったことのあるコインとなっています。

私自身もコインの購入を始め、とても面白いコインだと思っています。参考にしている方は前から投資をしていて100万円の利益が出ているという情報もあります。

そんなエターナルコインが怪しいというキーワードが未だに後を絶ちません。個人的には仮想通貨そのものが怪しいとも思えるのでなんともですが、エターナルコインの仕組みや暴落の秘密が分かれば少しでも信用して取引できるようになると思います。

そこで、エターナルコインのチャートやレートの正しい見方・仕組みについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

エターナルコインが怪しい?

エターナルコインが怪しいと言われる原因は何なのか?

Twitterでいくつかの情報を集めてみました。

などなど、の情報が当時は飛び交っていました。今ではそんなに騒がれなくなりましたが…

ほとんどの”怪しい”が根拠のない風評被害のようなものです。

ただ、ホワイトペーパーの提示が遅れたり、交換業者の申請許可がまだだったりという点でそのような評価を受けたのも事実です。

対応が遅れがちでしたが、今では条件をクリアしているものがほとんどで、月間レポートも提示しており、それも定期的だと情報の遅れが生じるということからリアルタイムでの配信に変更になりました。

もちろんこれまでに詐欺行為もありません。

エターナルコインの仕組み

エターナルコインの仕組みをしっかり把握していれば安心できると思います。

「うまい話には裏がある」と言われますが、よく考えれば割と普通のことをしているので怪しくともなんともないです。

それではエターナルコインの特徴ともいえる2つの仕組みを紹介します。

エターナルコインの手数料分配型(DoT機能)

手数料分配型(DoT機能)はエターナルコインの全取引で行われた手数料の50%をエターナルコイン所有者に分配するというものです。

自分が取引していなくても分配されるので、わずかですが少しずつ保有コインが増えてきます。

分配率は具体的な数値はわかりませんが、エターナルコインの保有率によって変動するとされています。ただ現状は微々たるものなので目に見えて増え続けるという感じではないです。

この手数料分配型(DoT機能)の基本情報は

  • 手数料分配日時:毎週水曜日12:00

  • 手数料集計期間:毎週水曜日0:00~翌週火曜日23:59

  • 分配対象者  :エターナルコイン(XEC)保有者全員

取引量が増えればその分分配量も増えてくると思うので楽しみでもあります。

エターナルコインの手数料は日本円で約5円で、手数料が安くて取引しやすいのもエターナルコインの魅力でもあります!

エターナルコインの分割機能

この分割機能を知らないと過去のチャートを見た時に暴落したように見えてしまいます。

この細かい説明を見ずにグラフだけ見ると2017年2月に暴落したように見えます。

しかしこれは書いてある通り”分割”を行っています。

この分割は株式でも行われる手法で大手Yahoo!も株式でこの分割を何度も行いました。

分割を行うとどうなるのか?

  • エターナルコイン保有者のコインが10倍
  • エターナルコインの価格が1/10

保有者は価格が下がるのに対して同じ分だけのコインをもらえるので、変動はありません。

しかし1コインの価格を安くすることで新規の人が取り扱いやすくなり、取引量の増加を見込めます。

このシステムを知らないといきなり価格が下がってビックリしそうですが、コインを成長させるための施策だということを覚えておきましょう。

ネットで調べると「2月暴落」というキーワードが出てきますが、おそらくこの分割のことを指していると考えられます。

エターナルコインのチャート・レート

2018年のチャートになります(~3月13日)

なんか3月13日に下がってる…

ここ最近では結構な下がり方なので、停滞するか上がるか?

ということでまだ少額ですが試しに買い増ししました!チャートの動きから上がる直前を見極められるようになれば有利な取引ができるようになりますね!

 

レートも3月13日現在のものになります。

購入時はこの買いレートより安い金額で指値して購入していきます。

安すぎる指値だと取引が成立しないので上手く調整してみてください!

まとめ

以上、エターナルコインの怪しさについて紹介しました。

これまでに詐欺の報告もありませんし、分配制度も分割制度も面白い仕組みだと思います。

私は英語が得意なわけではないので、日本語の取引所という面でも使いやすくて便利です。

月刊レポートなどの情報をみつつ、これからも積極的に取り組んでいきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です